ネットショッピングモールにお店を開こう

輸入ビジネス・海外せどり入門。

 

売れ筋商品を見つけて商売が拡大したら、今度はネットショップを開くことを考えよう。

 

ネットショップを開くには、決済など面倒な作業が省略できるネットショッピングモールに店を開けばよい。

 

ショッピングモールに出店しているお店は、それだけで多少信用度が上がるので、ホームページを作って細々とモノを売るよりは、売り上げが上がりやすい。

 

だって普通のホームページでモノを買って不良品をつかまされても、お客さんは文句や不満の持っていきどころがないが、ショッピングモールならモールの運営者に訴えることだって出来るからね。

 

でさて現在有力なネットショッピングモールは三つあって、

  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング・ストア&ヤフオク
  • Amazonマーケット・プレイス
である。

 

他にも色々あるけれど、大本命はこの三つだろう。

 

なぜ大本命かというと、この三つにはアフィリエイターという人々がたくさんついていて商品を自分のブログやホームページ上で紹介してくれるからである。

 

言ってみれば殆どタダで使える営業マンをたくさん抱えているんだね。

 

だからこの三つは売り上げをドンドン伸ばして急成長しているわけだ。

 



アフィリエイターを上手く利用できると儲かる

Amazonや楽天市場などが急成長して売り上げを伸ばしている背景には、アフィリエイターの存在がある

 

アフィリエイターというのは、自分のブログやホームページなどで商品を紹介してくれる人たちのことだ。

 

彼らは商品が売れると商品代金の数%のアフィリエイト料がもらえる。

 

なので一生懸命商品を紹介してくれる。

 

ただし商品が売れなければ1円ももらえないので、いわば出来高払いの営業マンのような存在だ。

 

ショップ側の視点で見ると商品が売れればアフィリエイト・フィーを支払わないといけないが、売れなければ何にもしなくても良いという便利な存在。

 

このサイトを作っている私も何を隠そうアフィリエイターだし、このサイトを作っている理由もアフィリエイトなんだけれど、こういう風にネット上で色んな形で商品を紹介して、ネットショップの商品ページまで見込み客(お客さん)を連れて行ってくれるのがアフィリエイターだ。

 

これがいかに革命的なことかは、昔からお店をやっている人にしかわからないかも知れない


広告

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン


このエントリーをはてなブックマークに追加