オリジナル商品で稼ぐ方法

輸入ビジネスで稼ぐ方法としては、自分のオリジナル商品を作るという方法もあります。

 

オリジナル商品というのは、他に比較する対象がありませんから、値頃感さえあれば十分に利益を出せます。

 

この場合、日本国内で作っても良いのですが、中国などで商品を作って売る方法もあります。

 

在宅中国貿易の極意いわゆるOEM生産というやつで自分のオリジナル商品を作るわけですね。

 

中国では今や工場が乱立しているので、100コとか1,000コ単位であれば、オリジナル商品が作れるんだそうです。

 

Tシャツだとかデジタル時計だとか、パンストだとか言う汎用品は、中国で作った方が圧倒的に安い。

 

だから日本でノベルティグッズを作っているような会社でも、中国の工場に発注してOEMで作っているという状態です。

 

アパレル関係(ファッション衣料)などのメーカーも、同じように中国の工場にOEMで発注して、服を作っている状態です。

 

ということは、そう言うパイプを作りさえすれば、あとは売れるモノを考えるだけで良いって事なんですね。

 



オリジナル商品は、競合を考えなくてもよい

オリジナル商品を中国で作って、それを日本で売りさばく。

 

これが輸入ビジネスで一番儲かるパターンですね。

 

今現在、世界で一番安く、それなりのモノが作れるのは中国なので、中国で作って日本で売れれば、輸入ビジネスも中級以上と言うことになるでしょう。

 

なので海外せどりやプチ輸入などに慣れてきたら、次はオリジナル商品を作って売るという方向で、ステップアップすればよいのだと思います。

 

オリジナル商品の利点は、他の海外せどりなどと競合しないと言うことです

 

要するに商品自体が違うわけですから、値段で勝負する必要が無くなるわけですね。

 

勝負するのはアイデアだけで、売れ筋をつかむコツさえわかれば、あとはそれに沿った商品を作って売ればいい。

 

そして実は意外とリスクも少ないようです。

 

というのもこれは転売ではないし、中古品販売ではないので、普通に日本で売っている商品と同じ価格帯で売ることができます。

 

Tシャツなら1000円くらいで売っても売れるはずですし、デザインがよければ2000円で売ることも可能なはず。

 

生産原価は一枚当たり130円くらいだそうですから、1枚300円で売っても儲けが出せます。

 

そして売れなくても生産原価分を損するだけで、売れればかなりの利益を得ることができます。

 

輸入ビジネスをやるなら、最終的にはこういうのを目指すべきでしょうね。

 

NEXT:


ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加